デザインにこだわる

宣伝に役立つのぼり旗
のぼり旗のデザインを考える時、サイズによって少し考え方が変わってきます。
通常のサイズののぼり旗であれば、いかにシンプルで目立つデザインにするかで
効果が現れるかどうかが決まってきます。

しかしジャンボサイズののぼりを制作する場合、デザインには
押さえておきたいポイントがあります。

まず通行人がひと目でその内容を把握できるように、ひとつのテーマに
絞ることが大切です。

例えば飲食店の場合、いくつものメニューを載せるよりも
目玉をひとつだけに絞ってアピールすると効果的となります。

おすすめのメニューを大きな写真で掲載することで、
インパクトを与えることができます。

特にお昼時の食事場所を探しているような人への訴求力が高まるのでおすすめです。訴求力が高まる

また文字も大きなサイズにする必要があります。
のぼりのサイズが大きいからと、細かな文字で多くの情報をアピールしようとするのは逆効果です。

通りすがりにそのような文字を全て読むことはできません。
一瞬だけ目を向けた瞬間に内容が把握できるようにするのがポイントです。

さらに見る人の視線を意識したデザインにすることも大切です。
例えば街道沿いに立てる場合、車の席から見て目にとまりやすい位置に
アピールしたいことを掲載する必要があります。

遠くからでも見えるようにするには上部に、逆に近づいた時に目に入る場所ならば
下の方にメインの画像や文字をレイアウトすることになります。工夫が必要

あるいは通行人にとって見やすい位置はどこなのか、工夫してデザインすることが大事です。

選ぶカラーも周りの景色に溶け込むことがないように意識する必要があります。
木々が多い場所なら緑は避けるといった配慮が必要というわけです。

のぼり旗を設置する目的は、目立ちやすくわかりやすくアピールすることです。
そのためデザインも、目的に合った内容で考えることが大切です。