のぼり旗の寿命を長持ちさせるには

宣伝に役立つのぼり旗のぼり旗は紫外線や排気ガス、風雨にさらされることで
どうしても劣化してしまいます。
取扱い方のコツを覚えて長持ちさせましょう。

屋外で使用する場合、耐久性や耐水性に優れた
厚手の化学繊維素材がおすすめです。
設置場所はなるべく人の手に触れない場所が
望ましく、生地が傷む原因となる直射日光が
当たる場所を避けた方が長持ちします。

直射日光を避ける

強風であおられると生地に負担がかかり破れや
ほつれが起こるので、天候が悪くなったら速やかに
片づけるようにし、濡れたら防カビのために
きちんと乾かしましょう。

また、夜間や休日に屋内にしまうだけでも持ちが
違いますので、面倒でもこまめにしまう方が良いでしょう。
季節限定ののぼりなどを長期間しまっておく場合は、
きちんと洗いよく乾かして丸めて保存します。
乾燥剤や防虫剤を使うとより安心です。

保存方法

のぼり旗の寿命は使用環境によって左右されるため
一概には言えませんが、あまりに色褪せや汚れのある
のぼり旗を使用し続けるのはあまりいい印象を与えません。

消耗品と割り切り、適当なところで交換しましょう。

自動車の排気ガスの成分と環境への影響

1968年に大気汚染防止法及び同法施行令が発令されてから、大気汚染を防ぐために自動車排出ガス量の限度が設定され、
それぞれの車両で規制値が定められています。

日本における自動車排出ガス規制は世界の他の国々と比べても大変厳しいものになっていますが、大都市圏ではどうしても
自動車の交通量が多いので、大気汚染は深刻でした。しかし、徐々に規制の強化だけでなく、クリーンディーゼルなどの
新しい技術が開発されていき、少しずつこの状況が改善されてきています。

硫黄などが排出されない燃料の開発が世界中で進められていますので、今後は燃料自体がクリーンなものに改良されることで、
排出ガスが低減してくると考えられるでしょう。このように、昔に比べると有害な排出ガスが多くの場所で減少してきて
いますので、のぼり旗もそれだけ過酷な環境にさらされるような負担が少なくなってきているかもしれません。

そうは言っても都市部では、郊外に比べると環境は悪いと考えられますので、のぼり旗の寿命も短くなってしまうのでは
ないでしょうか。そういったことも含めて、のぼり旗が劣化してきたなと感じた場合には、すぐに新しいのぼり旗に
交換するのがおすすめです。